メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

【インターンシップ】新石狩大橋現場 参加者の声

インターンへの参加動機

 私は今、大学3年生になり進学か就職か進路を迷っています。そこで、授業で学んだことがどのように使われているのか、またどのような知識や経験が就職やその後に必要となっていくのかを知ることが、自分の進路を決める判断材料となるのではと考え、今回、岩田地崎建設株式会社様のインターンシップに応募させていただきました。
 

インターンシップ参加前と参加後(参加中)の印象

 インターンシップに参加させて頂く前は、ゼネコンと呼ばれる業種がどういった仕事をしているのか分からず、注文を受けて構造物を建設しているのかな、となんとなく思っていました。しかし、仕事を体験させてもらうと、実際に作っているのは職人さんで、ゼネコンはその監督や検査をしているのだと知りました。不便なことや必要なものがないか、計画通りに作業がすすんでいるかなど、職人さんと情報を共有したり、また、発注者さん側にも納得してもらえるように写真をとって記録をつけたり、さまざまな業務があることを知って驚きました。
 

参加して印象に残ったこと・学んだことや感想

 今回インターンシップに参加して一番驚いたことは、現場に出るだけでなく、事務所での仕事も多いということです。職人さんが分かりやすく作業しやすいように、測量し目印をつけ、それをもとに何度も会議を重ねています。私が参加させて頂いたのは橋の現場でしたが、ここでは、橋だけではなく他の現場もいくつか持っており、職員さんが分担して仕事をしていました。スムーズに作業が進むように毎日会議をし情報交換をします。また、工事の進捗状況を記した工事便りというものを配ったりして、近隣の住民の方ともコミュニケーションをとっていました。そういった業務もあることを知ることができたことは、とても勉強になりました。
 

インターンシップで経験した仕事内容

 工事が進むごとに行う写真撮影、地盤沈下を調べるため、また図面の設計を現場に再現するための測量、データの記録などさまざまなお仕事を体験させてもらいました。また、現場で職人さんたちとコミュニケーションをとる様子や、工事が図面どおりに行われているか検査する様子、現場だけでなく事務所で会議や事務作業をする様子も見学することができました。
 

インターンを検討中・参加学生へアドバイス

 自分の進路を決めるに当たり、いろいろな業種の会社があり、それぞれどのような仕事をしているのか知りたいけど、よく分からないという学生の方も多いと思います。私もその一人でしたが、インターンシップに参加させて頂き、仕事の一部ではありますが体験しその内容を知ることができました。初めは緊張しましたが、人事部の方、所長をはじめ現場の職員の方、また職人さんも、忙しい中あたたかく丁寧に、仕事のことだけでなく様々なことを教えてくださり、普段では絶対に見れないような所も見学することができました。インターンに参加したことは自分にとって、とても大きく貴重な経験となりました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー