メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

【インターンシップ】北広島庁舎現場 参加者の声

インターンへの参加動機

 私が今回インターンシップの参加した動機は元々、施工管理(現場)に興味があり、
学校の募集を確認したところ、施工管理(現場)の申込があったので、応募しました。
参加させていただいた岩田地崎建設さんは過去に学校の授業で何度か現場に
行ったことがありました。今回はご縁があって、過去に行ったことがある「北広島庁舎」の
現場へ行かせていただくことができました。
 

インターンシップ参加前と参加後(参加中)の印象

 参加する前の印象はもっとピリピリとした雰囲気で、怖い人が多いのかなと思っていましたが、
参加してみると、アットホームな雰囲気で皆さん優しく接してくださいました。
元請の職員さんと作業員さんが非常によくコミュニケーションをとっていることも驚きました。
また、現場では安全管理が徹底されていて、起こりうるであろう危険を予知し、
その危険を職員さん、作業員さん全員で共有・確認しあうことで、事故を未然に防いでいました。
 

参加して印象に残ったこと・学んだことや感想

 大学の講義だけでは決して学ぶことができないことを教えていただきました。
現場では日々予想できない事態が起こります。その事態に迅速に対応し、
解決策を提示することが施工管理には求められるのだと感じました。
私が学んだ知識だけでは現場では通用せず、これから何倍もの知識をつけていく
ことが必要ですので、今回学んだことをもう一度復習し、自分の知識にしていけるよう
取り組んでいきたいと思います。
 

インターンシップで経験した仕事内容

 現場では使う建材、工法、道具の名称や使い方を教えていただきました。
また、道具の運搬、施工状況の確認、配筋型枠検査、コンクリート強度試験、
災害防止協力会パトロールの立会い、スタイロフォーム割付計画の作成、
JWCADを使用して図面作成などを行いました。
多くの時間はできるだけ現場に出て、職員さんの仕事を見てメモを取り、
手伝える部分は積極的に手伝うよう心がけました。
 

インターンを検討中・参加学生へアドバイス

 施工管理だけではなく、設計や公務員を目指している方も、一度は現場を
体験することはすごく大切だと思います。授業でも施工に関する講義はありますが、
実際の現場は全然違いますし、現場では多くのことを経験できます。
その経験は、どんな職業に就くとしても必ず役に立つものだと思いますし、
現場を経験して絶対に損は無いはずなので、是非参加してほしいと思います。
 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー