メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

札幌医大教育施設現場 参加者の声

インターンへの参加動機

私の場合は大学の授業の一環として、今回のインターンシップに参加させていただきました。
前から就職先としてゼネコンに就職したいと考えていたので、ゼネコンではどのような仕事をしているのか知りたいと思いました。
そのことを大学の先生に頼んだところ、今回の様なインターンシップの機会を設けていただきました。
 

インターンシップ参加前と参加後(参加中)の印象

今回のインターンシップに参加する前は、正直施工管理の仕事がうまく想像つかなかったのですが、参加してから印象に残ったのは、いろいろな人と多くのコミュニケーションを必要としているのだと感じました。管理者は直接自分で作業しない分、常に職人さんが安全に作業できるように気を配ったり、次の作業の工程を何回も細かく打ち合わせしたりと工事全体が円滑に進むように努力しているのがすごく伝わってきました。
自分ひとりでは決して造り上げることのできないものを沢山の人と協力しながら造りあげるのはすごく大変そうだが、同時にやりがいや達成感もある仕事だと感じました。
 

参加して印象に残ったこと・学んだことや感想

多くのことを学ばせていただきました。それは単純に建築の知識だったり、施工管理に関することだったり、建設現場の事情などいろいろなことを教わりました。
岩田地崎の皆さんや他の工区の方々からも気さくにいろいろなことを教わりました。
このように自分の会社だけでなく、他の会社の方ともしっかりと交流することにより、よりよい現場を作り上げているのだと実感しました。
また、建築の現場は決して楽な仕事ではないと思いますが、それ以上に建物ができた際の達成感や日々の仕事の充実感があると感じられる現場でした。
こうしてインターンシップに参加して貴重な体験ができて、とてもよかったです。
札幌医科大学教育研究施設Ⅰの現場の皆さん、本当にありがとうございました。
 

インターンシップで経験した仕事内容

インターンシップでは基本的に施工管理者の補助やお手伝いを経験させていただきました。
具体的には、現場の様子や会議の様子を写真に収めたり、資材の数量確認や整理、レベルを使用した測量、道路付近の清掃、安全通路の確保など多くの仕事を経験させていただきました。
他にも勉強の一環として、建築に関する簡単なテストやコンクリート躯体図を読み取り数量を算出することや、足場の数量を算出することなども教えてもらいました。
どれも私にとっては、とても貴重な経験となりました。今回の経験が仕事に対するイメージを明確にしてくれたので、私が就職活動する際にきっと役に立つと思います。
 

インターンを検討中・参加学生へアドバイス

今回の様なインターンシップに参加している学生と参加していない学生では、きっと仕事に対するイメージが違ってくるかと思います。
実際に現場の様子を見ている分インターンに参加している学生の方が、建築の現場に対して理解度が高いと思われます。
建築の仕事は決して楽な仕事ではないと思います。実際に働いたときに、こんなはずじゃなかったと後悔したくないのであれば実際に自分の目で確かめることをおすすめします。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー