メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

札幌北幼稚園改築現場 社員の声

札幌北幼稚園改築現場 社員1

インターンシップの学生さんへのプログラム(スケジュール)・どのようなことを学ばせているか

  • 基礎躯体工事中のため、基礎配筋→鉄筋圧接→UT検査→配筋検査→基礎型枠という工事の進捗に伴って、現場でどの様な管理をしていくかを教えました。
  • 工事をするのに、施工図を書き、チェックして設計事務所に提出して承諾を得ることを説明し、躯体図の読み方を教えました。

学生さんを受け入れてみての感想(学生さんの頑張っていた様子やメッセージも込めて)

今時の若者には珍しく、工事や使っている部材等に関して、非常に興味深く観察し、積極的に質問をしてきました。又、着眼点も独特な所があり、その質問で、うちの係員を”えっ”と思わせた所もありました。
これからもその個性をつぶさず、是非、生かしてほしいと思います。
 

インターンシップを検討中の学生さんへのアドバイスやメッセージ

将来の職種を決めるに当たって建築関係に進むなら、一度は現場がどの様なものか、又、どの様に建物が出来て行くのかを実際に見た方が良いと思います。
見た人と見てない人には、必ず差が出てきます。
 

施工管理の仕事の魅力(楽しさなど)

  • 自分が図面チェックをし、その通りに建物が出来てくる喜びを味わえます。
    (苦労の方が先ですが・・)
  • 工程を立てて作業間調整をし、自分の思い描いていた通り工事が進んだ時は、ホッとする事と同時に、嬉しさを感じます。
  • 建物が完成し施主に引渡しをした時に、まず最初に喜んでもらえた時ほど、嬉しい事はありません。

施工管理の仕事の難しさ

  • 若者にとっては、年上の作業員に指示をしなければならない。言った事をやってもらえない等、まず、そこの壁にぶち当たると思います。そこは粘り強く、うるさいと言われるまで言い続けれる様になれれば、クリヤー出来ると思います。又、普段のコミュニケーションをいかにうまく取れるかも重要になっていきます。お互い、助け合って行かなければならないからです。
  • 施工管理は、書類も含めて図面、現場管理とやらなければいけない事が非常に多いです。なかなか難しいですが、いかに効率よく進めれるかで、時間の使い方が変わります。(ちなみに、私もまだうまく出来ませんが・・・・・)

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー