メインメニューここまで

インターンシップ

ここから本文です。

北広島病院現場 社員の声

北広島病院現場 社員

インターンシップの学生さんへのプログラム(スケジュール)・どのようなことを学ばせているか

現場係員に同行させ、現場監督としての業務を見せ、また、測量機を使い墨だしをしたり、職長打合せに参加し、朝礼の司会進行などを経験してもらいました。
 

学生さんを受け入れてみての感想(学生さんの頑張っていた様子やメッセージも込めて)

まずは本人と面談して、お互いを知るという所から始めました。学校で構造解析の研究をしているとの事でした。
成績優秀で、アルバイトの経験もないとの事でした。また、将来つきたい職業も決まっていないと聞きました。
現場監督を20年やってきた私からすると、少し大人しいかなと思い、現場特有の男らしさ、力強さを身を以て経験する事は、本人にとっても良い経験になると思い、新入社員と同じように、時間内で係員としての業務に当たってもらいました。
朝礼の司会進行など、大きな声でこなしていました。
リーダーシップを発揮して、人前で話す・仕切ると言う事に少しでも触れた事は、彼の今後に生きると信じています。
 

インターンシップを検討中の学生さんへのアドバイスやメッセージ

期間中に経験したい事・成し遂げたい事を決めてインターンに望むと良いと思います。
 

施工管理の仕事の魅力(楽しさなど)

プロジェクトが大きく、扱う金額も大きい。
また、責任も重い。プレッシャーもとてつもなく懸かる。
その中で多くの人を動かし、まとめ、調整を繰り返し、建物を造っていく。そこには、必ず問題が発生するが、やり遂げる為の苦しさが、完成時に快感に変わる。
これが魅力です。
 

施工管理の仕事の難しさ

現場監督には、説得力が必要です。現場は必ず問題が発生します。
なぜなら施工には精度も存在しますし、人間なので間違いもあります。
それを見逃さない為に、私達は現場に居るのです。
電話とFAXと図面があれば出来る仕事ではありません。問題を解決する為には、作業員を納得させたり、設計者や施主を説得しなければなりません。人を説得できる自分を普段から作る事が、難しい事かもしれません。
また、どんな苦難でも必ずやり遂げるという気持ちと、その不安に対し、自分を信じる強い気持ちが必要と思います。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー