メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【若手社員の声】 本社・建築部工事課 山内

これが私の仕事です。

 私の仕事はコンクリートの計画・調整、写真撮影・整理、書類作成などです。現場では、「コンクリートはしっかり充填されているか、打設中問題はないか?」、「施工計画書・要領書通りに作業は行われているか?」、「職人さんの作業状況を確認し、安全に行われているか?」等をチェックしています。
コンクリートは打設前に計画書を作成し、職長と打合せを行って、打設当日にスムーズに作業できるようにしています。写真撮影は、事前にどのような写真を撮るのか確認し、仕様や手順を把握しています。そして、作業状況を撮影しながら施工要領書通り行われていること確認するのが主な仕事です。
 

ズバリ私がこの会社を選んだ理由!ここが好き。

  着目したのは道内No.1の企業という点です。地元のスポーツ施設や宿泊施設、さらには学校や病院、マンション等幅広く施工に手を尽くしていたということ。そして、私も入社し規模の大きい建物の施工に携わりたい、地元地域に貢献したいと思ったからです。道内だけでなく、道外や海外にも支店があるので、自分の活躍の幅を広げられる意味でも魅力に感じたからです。
 

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったことにまつわるエピソード

 現場に携わって一番嬉しかったことは、外部足場が解体されて構造体が露わになった瞬間です。自分が担当したコンクリートにおいて、職人さんと協力して作り上げたものが目の前に形として現れるのは非常に感極まる出来事です。目で確認することで、改めて施工管理という仕事の醍醐味を感じられました。
 

今だから話せる!一番の失敗談。

  私の一番の失敗は、コンクリートの調整を間違えてしまいアジ1台余してしまったことです。
事前に拾った数量をもとに、あと何m³必要だな…と計算を行い、現場に到着しているアジの台数を考慮しオーダーするのですが、その時にアジの台数を勘違いしてしまい、結果的にコンクリートを余してしまいました。他に打設できる場所もなく、コンクリートを捨てる羽目になり、捨てる時もお金がかかるので非常に申し訳ない気持ちになりました。
 ※アジ…コンクリートを運ぶアジテーター車のこと。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー