メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【新入社員の声】本社土木部土木課 長谷川

これが私の仕事です。

  私は今東京の東雲ポンプ場で耐震補強工事して働いています!今は写真関係、安全関係の仕事を担当しています。写真関係では施工状況の写真や着工前・着工後、又実際に長さなどを計り、設計に対して正確に出来ているか、と言う証明でもある「出来形」などの写真を撮ります。写真を撮る際にもポイントがあり、写ってはいけないもの(その写真を撮る上で必要の無いもの)を無くし分かりやすくなっているか、又前回の写真と取る位置、方向は統一性がとれているか、などがあります。安全関係では玉掛けをする際に点検色は今月のものになっているのか、足場組み立ての際に手すりを付け忘れてないか、安全帯を使って作業しているか、など普段の作業にも気をくばり働いています。
 

ズバリ私がこの会社を選んだ理由!ここが好き。

  私が岩田地崎建設を選んだ理由は道内最大手の建設会社で土木技術者として働きたい!!と思ったからです。又東京支店、大阪支店、海外支店など日本だけではなく海外まで仕事をしているので、世界でも通用する技術者になれるのかと思い選びました。実際私は一年目で東京支店で働いているので、「多くの場所に行き、色んな経験をしてみたい」と言う要望も聞いていただけました。又私が入って感じたことは、資格、研修、特別教育などにも積極的で、自分の努力しだいでスキルアップできる環境があります。 
 

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったことにまつわるエピソード

  東雲ポンプ所の前に配属されていた造成現場で約半年いた現場が完成した時には、なににも変えられない感動がありました。今まで何も分からず迷惑をかけていた上司の代理人の方や所長に「がんばったね!お疲れ様。」と言っていただけたことなどです。何気ない一言ですが、私はこの一言で今までがんばってきて良かったと思えました。また大変な仕事ですがその分の充実感も大きいと思います。
 

今だから話せる!一番の失敗談。

  造成の現場で素掘り側溝を作る際に方向を間違えてしまい反対に作ってしまったことです。所長がドローンで航空写真を撮影している際に一本だけ違うのがあり、気づくことが出来ました。その際にオペレーターさんにやり直してもらいました。しかし所長には「人間なんだから失敗はある、俺もするし。でもそこから次に生かせるようにどうするかを考えよう」と言っていただけました、失敗するのはたしかに駄目だけどそこから何を学び、成長していくことの大切さも学びました。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー