メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【新入社員の声】本社総務部総務課 佐藤

これが私の仕事です。

【総務部】地鎮祭の段取りや各種行事(仕事納め・始め等)の準備・運営など

【現 場】作業記録の整備、現場行事の運営、測量及びその補助、品質検査の対応、安全管理業務、工事写真の撮影、資材の受入検査など

事務系として入社しましたが、今の所現場で過ごした時間のほうが長いです(現場研修のため)。
現場では建築系の新入社員と大体同じ仕事をしています。工学系の大学出身ではなく、予備知識が無かったので測量や図面の読み方は現場で覚えました。
 

ズバリ私がこの会社を選んだ理由!ここが好き。

 道内トップの建設会社で、新幹線のトンネル等、道民の生活に根差した建物を建てているから。事務系で働きたいと思ったのは、祖父も父も建設・土木関連の仕事(事務系)をしていたから。この会社が好きなところは、ずばりこの会社で働く人だと思います。「かっこいい」人たちだと私は思っています。容姿のことではありませんよ(笑)人間的な魅力、内面の部分がかっこいいという意味です。現場に出てもっとも印象的だったのが、現場にいる職員から、技術者としての矜持のようなものを感じたことでした。この会社で働きたいと思う、一番の理由でもあります。
 

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったことにまつわるエピソード

 基礎の躯体が立ち上がって、型枠を脱型してコンクリートの面が見えたときです。自分が関わった建物が出来上がっていくのを見て、これだけ大きな仕事をしているんだ、と思ったとき、とにかくうれしかったのを今でも覚えています。
また、自分は書類関係の整備を担当しているので、検査等で書類を点検されて、無事に検査を終えた瞬間もたまらなくうれしいです。毎日毎日積み重ねで整備してきたものばかりなので、それまでの苦労が一気に報われます。
 

今だから話せる!一番の失敗談。

  入社当初、特に現場研修で現場に配属されてからは毎日あらゆる種類の失敗をしました。そんな私の一番の失敗は、現場に来て間もない頃、現場マンとしての自覚が欠けていたことです。どうしても自分は事務系だという先入観を持っていたので、配属からもっと早い段階で現場の仕事を覚えて、現場の職員・職人さんのために頑張ろうという気持ちがあれば、きっと自分は今以上に現場で出来ることが多かったのだろうと思います。
 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー