メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【新入社員の声】本社土木部土木課 佐藤

これが私の仕事です。

私は現在、北海道新幹線の札幌延伸に関わる村山トンネル工事の現場に配属されています。
担当している仕事は、工事の経過や完成状況の確認を行う為の写真撮影、トンネルの幅や高さ・向きなどを決める測量、資材の手配、書類の作成などが主な仕事です。どれも工事を進めていく上で大切な作業です。まだわからないこともたくさんあるので、先輩社員の方に教えて頂いたり、作業員さんたちの動きを見たりして仕事を覚えていっています。
 

ズバリ私がこの会社を選んだ理由!ここが好き。

土木の道に進むことを決めて就職を考えたとき、自分の欲しい条件が揃っていたからです。
私は北海道が好きです。でも、他の色んな地方にも行ってみたいとも思っていて、この会社は北海道を拠点に全国や海外にも現場があり、とても魅力的でした。その上道内No.1というところ!大きな会社に入れば規模の大きな、色んな種類の現場に行ける。単純ですがそう思いました。
あと、私は学生の頃本社の現場にインターンシップでお世話になったことがあり、その際に現場の
雰囲気がとても良かったというのも大きな理由です!いい人たちが協力して、いいものを創っている。それがとてもかっこよく、印象に残っています。
 

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったことにまつわるエピソード

私はまだ、携わった工事の完成を経験したことがありません。でも、自分の手で測量した区間のコンリートが打設されて、構造物が形になり出来上がっていく。その瞬間は緊張こそしましたが、完成を部分的にでも実感できたときはとても感動しましたし、嬉しかったです。「地図に残る仕事」というこの仕事の醍醐味を、改めて知ることができました。なので、これから携わった工事が竣工して、構造物が完成するということを体験したらきっと今とはまた比べられないくらいの感動があるんだろうと、今からわくわくしています。
 

今だから話せる!一番の失敗談。

 測量の読み値を間違ってしまい、一度作業員さんがセットした型枠を、解体してまたセットする羽目になってしまったことがあります。工程が押してしまったり、余計な手間を増やしたりと多くの人に迷惑をかけてしまいました・・・。なので、失敗は2度繰り返さず次へと生かすこと、必要な知識をいち早く覚えて判断力・対応力を身につけることが大切だと思いました。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー