メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【先輩社員の声】本社建築部 菅野

現場(内勤者は部署)の雰囲気と人間関係

各現場によりそれぞれ異なりますが、私自身は明るい現場になるように心掛けています。
話しやすい雰囲気をつくることで、良好なコミュニケーションがとれ、良い施工に繋がると考えています。
現場には自分よりも年上の作業員が沢山いますが、皆さん優しい人ばかりです。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)の魅力(楽しさなど)

建物を完成させて引渡したときに、お客様に感謝されることです。
工事中、色々な苦労がありますが、感謝されることで一気に苦労が報われます。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)を目指そうと思ったきっかけや理由

就職活動を始めるまでは自分がどんな職につくかは特に考えたことがありませんでした。
ただ漠然と学生生活を送っていて、いざ就職活動を始める時期になり、どんな職業が自分に向いているのかと考えたときに、消去法で施工管理に行き着きました。
正直、面接を受けるまでは施工管理と言う仕事の内容もよくわかっていませんでした。
今となっては自分に向いてた仕事だったと思っています。
 

入社当時、最初に現場(内勤者は部署)に配属されたときを振り返ってみて(どんな様子だったかなど)

最初に配属された現場は突貫現場と言われる工期の短い現場でした。
先輩や作業員が話している内容すら全く分からず、右も左もわからない状況で、ただ自分に与えられた仕事をやっていたという印象です。
まだ先を読んで仕事をすることが出来ず、その日一日の仕事を終わらせることに精一杯でした。
 

仕事がわかってきた時期、仕事に対して自信が持てるようになった時期やきっかけ

なかなか自信を持って仕事をするというのは難しく、今でも『自分の判断は正しかったんだろうか』と思いながら仕事をすることが多々あります。同じ建物を造ることは二度となく、それぞれ施工条件が異なり、今までに経験したことがない工法や方法で施工しなければならないときは特にそう思います。
 

どんな新入社員と働きたいか

とにかく明るく元気な新入社員です。現場では色々な人達と話しをしなければならなく、人と接する機会が非常に多い仕事なので、良い印象を与えられる社員を期待します。
 

施工管理(内勤者は建設業の仕事)を目指している学生さんへメッセージ

施工管理の業務内容はとても厳しく、決して楽ではありません。しかし、建物を完成させたときの達成感は経験した者でなければ味わうことが出来ません。建物は何十年も残ります。自分の仕事が形を残すということは大変魅力的なことだと思います。誇りを持ってこの仕事に就いてください。


 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー