メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【先輩社員の声】本社技術部 遠田

本社技術部 遠田 康英

現場(内勤者は部署)の雰囲気と人間関係

技術部では個別の仕事をすることが多いので、黙々と仕事に集中し会話が少ないときもありますが、自由に意見を言い合える雰囲気です。話好きな人もいるので、話し始めたらなかなか話が止まらないことも・・・。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)の魅力(楽しさなど)

技術部では現場の技術的な支援業務(設計、解析、検討、報告書の取りまとめなど)が多く、現場の問題もサポートしています。問題解決により現場がうまく進むことができたときの満足感は非常に大きいです。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)を目指そうと思ったきっかけや理由

ダムやトンネルなどを自分の手で造ってみたかったのがきっかけです。
 

入社当時、最初に現場(内勤者は部署)に配属されたときを振り返ってみて(どんな様子だったかなど)

入社して最初に教わったのが測量でした。速さと正確さを厳しく叩き込まれました。測量を間違えてひどく落ち込んだこともありました。入社当時は、ただ必死に測量と写真撮影をしていたと思います。また、宿舎に泊まりこみだったため、週末の休みを楽しみに働いていました。
 

仕事がわかってきた時期、仕事に対して自信が持てるようになった時期やきっかけ

入社2年目頃に所長と2人で現場を経験したのがきっかけです。毎日真夜中まで悪戦苦闘しながらも現場管理をこなしていったことで仕事の内容もわかりだし、仕事に対する自信もついてきたと思います。今思えばとても忙しかったけど、非常によい経験でした。
 

どんな新入社員と働きたいか

粘り強くて元気がある人!
 

施工管理(内勤者は建設業の仕事)を目指している学生さんへメッセージ

現場における施工管理業務を目指している皆さん、迷いと不安で一杯だと思います。先輩などいろいろな人から実際の話を聞き参考にすることは非常に大事だと思います。施工管理業務とはどのような仕事なのか、良い面や苦労する面も含めてたくさん話を聞いて、希望している会社に入社できるように頑張ってください。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー