メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【先輩社員の声】東京支店土木部積算課 柳下

東京支店土木部積算課 柳下智幸

現場(内勤者は部署)の雰囲気と人間関係

個性的で、創造力豊かな人が揃った部署です。 土木の現場は自然を相手にしているので、全てが順調に行きませんが、明るい雰囲気で部署一丸となって困難を乗り越えています。
みんなが揃った時は、お酒の力を借りて自然に親睦を深めています。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)の魅力(楽しさなど)

現在の仕事は土木積算業務で、積算は発注者から提示された設計図書を基に工事金額を算出します。
積算範囲は土木全般に渡るので、現場の経験が生きてきます。
積算の魅力は、如何に発注者の意図が隠されているかを考えつつ、工事金額を算出できるかが重要で、精度の高い積算能力が必要とされます。そして他社との競争で落札できた時、及びその工事が竣工した時に喜びが湧いてきます。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)を目指そうと思ったきっかけや理由

入社後、造成・共同溝・地下鉄・上下水道・橋梁下部工事等の施工管理を経験しました。
その培った経験を礎とし、次に工事を受注する業務に魅力を感じ、現在積算業務に携わっています。
 

入社当時、最初に現場(内勤者は部署)に配属されたときを振り返ってみて(どんな様子だったかなど)

入社して最初の現場は造成現場でしたが、わからないことだらけで、先輩や協力業者の職長に何でも聞いている様な状態でした。最初のうちはこの先どうなるのかと先が見えずかなり落ち込みましたが、周りの人に助けてもらいながら徐々に自信がついてきたように思います。そして、竣工を迎えた時の達成感でそれまでの苦労・なやみが吹っ飛んだことを今でも覚えています。
 

仕事がわかってきた時期、仕事に対して自信が持てるようになった時期やきっかけ

入社後、日々勉強でしたがトラブルや困難を克服する度に成長できたと感じています。
そして、苦しかった時の経験ほど記憶に残り、その経験を重ねるほど自信が持てるようになったと感じます。
 

どんな新入社員と働きたいか

やる気のある人で、ものづくりがしたい人で、体力に自信があれば尚いいです。
 

施工管理(内勤者は建設業の仕事)を目指している学生さんへメッセージ

近年の自然災害やコンクリート構造物の老朽化などに対応するため、建設業は人々が生活するうえで切っても切り離せない業種の1つです。
自然相手にものづくりがしたい、社会に貢献できる仕事がしたいと思う学生さんは、ぜひトライして下さい。
最初は誰でも不安だと思いますが、失敗を恐れず前向きに頑張り、失敗したことは自分自身の知識として残り、将来役に立つ日が必ず来ると思います。

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー