メインメニューここまで

インタビュー

ここから本文です。

【先輩社員の声】東京支店建築RF事業部 桑山

現場(内勤者は部署)の雰囲気と人間関係

建築RF事業部
部長を筆頭に声の大きい人が多く、活気にあふれています。
少々電話の際には、廻りの声が大きすぎて聞きづらい面もありますが。
人間関係は、改修チームの特徴です、人の事を考えて仕事をする習慣が付いているみなさんなので
私の解らない技術的な面や営業的サポートをいつも頂いています。皆さんには感謝しています。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)の魅力(楽しさなど)

営業職ですが、やはり落札した時の快感は、何度味わってもいいものです。
それまでに、いろいろな調整を行ったり・いろいろと確認したり・プレゼン資料を深夜まで作成したりやることはいろいろありますが、全て私は楽しくやっています。
また、人とのつながりが多く持てるのでいろいろと諸先輩方にご指導頂き勉強になる事が多いです。
 

施工管理の仕事(内勤者は現在の仕事)を目指そうと思ったきっかけや理由

入社当初は、経理職(現場事務)でしたが早くに営業職に上がりたく、念願かない現在は営業を担当。
何よりも、人とのつながりがを持つ事が好きで また、改修ですが地図に残る仕事がしたく(少々大袈裟ですが)目指そうと思いました。
今では、受注した現場の近くに家族を連れて何気なく、「とうさんの会社がやっているんだ」と家族にプチ自慢しています。
 

入社当時、最初に現場(内勤者は部署)に配属されたときを振り返ってみて(どんな様子だったかなど)

ぐうたらな学生生活から変化についていけるのか。また、何も想像がつかず不安ばかりでしたしがやはり、先輩たちの助言で何とかやってこれました。
幸い私は、歳の近い大酒のみの先輩が指導係をしてくれましたので、飲みにケーションも上手くとれましたし、また、厳しくして頂くところは厳しくして頂き、楽しんだり喜んだりする事には盛大にメリハリのあるご指導いただいたので現在にいたってます。
 

仕事がわかってきた時期、仕事に対して自信が持てるようになった時期やきっかけ

今でも日々勉強です。精進という言葉が好きです、いろいろな方と知り合い常に刺激を受けて勉強してます。
ただ、落札した際は一時ですが自信が持てます。
 

どんな新入社員と働きたいか

体育会系の私ですが、本来は一緒に飲んでくれる部下さんと言いたいところですが、まずは元気・体が丈夫ではっきりと喋れる方が良いかと。
on・off をしっかり持っているが、臨機応変に対応できる部下さんが良いです。
あと、友達の多い部下さんがよいのではと 壁にぶつかることは何度でもあります、会社の同僚も良いのですが学生時代などのプライベートの友達に助けられることも多いと思います。(私は現在でも大学の友人達に助けられています)
 

施工管理(内勤者は建設業の仕事)を目指している学生さんへメッセージ

自分で判断してもらいたいのですが、助言として建設業は、大変です・・・・・ 
しかしやりがいの方が多い仕事ともいえると思います。
建物を作る・直す、また、それまでの営業活動や工事計画など、各々の責任がはっきりしている仕事と感じています。
今のご時世 何をやるにも大変です、根性がいりますが一緒に楽しんでみませんか。
やりがいのある建設業で!

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー