仮囲いの中から

ここから本文です。

コミュニケーションモールのある新校舎~札幌第一高等学校校舎建設工事~

2016年10月20日

建物の概要と特徴

 1958年、学校法人希望学園の設立が認可され、札幌第一高等学校が札幌市豊平区に創立されました。学校のある豊平区月寒地域は落ち着いた住宅街で、南側には北海道日本ハムファイターズの本拠地である札幌ドームがあります。 同校では、生徒一人ひとりが知・情・意・体のバランスの取れた人間であることを目ざして、教育活動を行っております。(注:札幌第一高等学校ホームページより抜粋)現在は学生数1,200名を超えるマンモス校となり、文武両道を実現しています。

  旧校舎は1965年に竣工し48年を経過しています。工事は述べ25ヶ月の工期で既存の校舎を使用しながら進められ、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期に分れて、新築、解体、改修を行いました。このため、工事中の安全確保が最優先課題となり、新築した建物への動線確保のため、校舎内に仮設連絡通路、仮玄関、周辺には仮横断歩道等を設置しました。

 施工プロセスは、①新体育館棟の建設 ②旧体育館解体 ③新校舎棟建設、弓道場、サッカー室内練習場建設 ④旧校舎解体 ⑤記念会館、野球室内練習場、部室棟改修、外構工事となりました。

コミュニケーションモールが各教室をつなぐ

新校舎中央にコミュ二ケーションモール、その両側に教室を配置することで、各教室の機能を抽出、集約できる学生のメイン動線となり学習意欲が促進されます。

 コミュ二ケーションモールは中央が吹抜け空間となり、中央大階段を利用したスキップフロアが設置されています。スキップフロアには本棚を利用したブースとして学習スペース独立して設けられています。吹抜け空間は、自然換気システムに活用されるとともに、最上部からの自
然採光により明るくなり、校舎全体に開放感を与えます。

  


   校舎の外装は、化粧コンクリート打放しのグレーを基調とした色彩と、玄関などのファサードのブラックとのメリハリにより、シンプルでクールな趣となっています。

 



 大講義室は、400名収容可能の電動式移動観覧席が設置され、収納時はフラットとなり多目的利用が可能となっています。また、ステージ面にはマルチビジョンが設備されています。


待望の市内高等学校初、人工芝サッカーグラウンドが完成

 サッカーグラウンドには、札幌市内の高等学校では初めてとなる人工芝が導入されました。人工芝はFIFA★★(ツースター)レベルであり、強さとしなやかさを兼ね備え、肌触りの良さは天然芝と同等の感触となっています。透水能力が高いため、雨天を気にすることなく365日使用可能になります。
 

歴史を伝承する一高ヒストリーの提案

Ⅰ期工事完了後の1年間、学生たちは新体育館で授業を受けるため、長さ150m仮設連絡通路を移動することになります。

1年間の仮設通路利用を有意義なものにするため、仮設通路の壁面に『一高ヒストリー』をパネル展示することを提案しました。

パネル展示のテーマは「学校の沿革や建物の変化」と「イベントの思い出や部活動の栄光」としました。卒業アルバムや記念誌からの写真抽出やレイアウト、学生や先生のコメント掲載を生徒会にご協力いただき、パネルを完成することができました。

1年間展示されたパネルは、旧校舎の地下をリニューアルした歩行空間に後日本設置されました。歴史を伝承する 一高ヒストリー』を、訪れる卒業生や見学者に見てもらうことができるようになりました。 

工事を終えて

とにかく最後まで緊張感のある、気の抜けない現場でした。学生生活の安全確保を常に意識しながら施工してきましたが、定期試験や模擬試験では工事を中断しなければならないこともありました。

工事着手当初から多くの懸案事項が次々と発生し、VE提案等により一つひとつ解決しながら工事を進めました。懸案事項には、①人工芝グラウンドの施工 ②工事エリアへのグラウンド使用時の防球対策 ③工事範囲切り替え時期の学生の動線 ④アリーナ鉄骨工事の安全施工 ⑤校舎解体時の地下部の補強 ⑥冬季躯体施工 ⑦化粧打放しコンクリートの品質管理などがありました。

無事完成できたのは施主様のご理解、ご協力、設計事務所様のアドバイスや社内の方々のサポート、協力業者の高い専門技術のおかげであると思っております。

 快適な学校づくりを目指す希望学園様の熱意により、施主、設計者、施工者の三者が一体となり、それぞれの立場で最大限の力を発揮することができたというのが実感です。

関係者の皆様には、25ヶ月の長い間ご協力いただき、感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 (磯野

 現場スタッフ:磯野、加藤(正)、梶川、柏熊、供野、斉藤(愁)、宇佐美

施工プロセス

新体育館棟の建設


 

②旧体育館解体


③新校舎棟建設、弓道場、サッカー室内練習場建設

新校舎棟


弓道場

④旧校舎解体

⑤記念会館、野球室内練習場、部室棟改修、外構工事

野球室内練習場

外構工事














 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

本文ここまで

ここからフッターメニュー