CSR活動

ここから本文です。

技術部 八木次長が 『2017防災フォーラム・札幌』で講演を行いました。

2月19日、北海道大学工学部において自然災害研究協議会北海道地区が主催する
「地盤の液状化による被害と被害軽減対策」を表題とした『2017防災フォーラム・札幌』が開催され、技術部 八木次長が講師として参加し講演を行いました。
講演では、「北海道における地盤液状化と火山灰質地盤の被害の特徴」をテーマとし、
八木次長が1993年から2003年の間に北海道で発生した4回の大地震ごとに被災地に駆けつけ現地調査を行い、液状化試験などによるメカニズムの研究で、大地震による火山灰質地盤の被害・液状化の実際を明らかにしたことや、当時の被害写真や資料を用いりながら大地震被害の一つである液状化被害の特徴や被災事例を述べました。

本文ここまで

ここからサブメニュー

岩田地崎建設の取り組み

サブメニューここまで

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー