CSR活動

ここから本文です。

JICA主催の「北海道と中央アジア物流・運輸 戦略フォーラム」で当社が発表しました。

10月20日、札幌プリンスホテル国際館パミールにて、JICA北海道(独立行政法人国際協力機構北海道国際センター)が主催する、『北海道と中央アジア物流・運輸国際フォーラム』が開催されました。
このフォーラムは中央アジア諸国5ヵ国の運輸交通インフラ整備を考えるもので、中央アジアでは積雪寒冷地で橋脚などの構造物が劣化しやすいという課題を持っており、課題克服に向けて北海道と中央アジアの厳冬期の気温がほぼ同じであることから、北海道の建設関係者と中央アジア諸国5ヵ国の政府との結びつきを強めようと今回のフォーラムが企画されました。
当社からは、海外支店工務部の川合 武次長と技術部の松本 剛課長代理がフォーラムに参加し、「各種防寒養生や防雪による施工空間確保、道路や付帯構造物、トンネル等の凍上対策、積雪寒冷地の舗装技術等々の事例」をテーマとして、キルギスの橋梁建設と寒中施工について発表しました。
発表では、当社が施工した『ビシュケク‐オシュ道路クガルト川橋梁架け替え計画』の工事概要や工程順の写真を用いて施工状況や安全管理などをパワーポイントで説明、北海道における寒冷地コンクリート技術が中央アジア諸国の冬期間工事にも活用できると考え、「寒中コンクリート施工」について標準仕様や防寒囲いの設置例、コンクリートの対凍害性向上に必要なひび割れ抑制対策など説明を行い、当社の施工技術が中央アジア諸国でも十分に対応できる事を発表しました。


 

本文ここまで

ここからサブメニュー

岩田地崎建設の取り組み

サブメニューここまで

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー